旦那の脳の中…( 一一)

のぞきたくもないが…

平気で人を傷つけるのだ

いくらASDだ…脳の機能が欠如しているとわかっていてもだ

どん底まで落とすときもあるからいやだよ

どうも東洋粘着から仕事を切られたのも自分の暴言のせいだと気がついてない

会話が一方的で話が成立しないのだからな…

自分の意見…いや思い込みが一番正しいと思っているけど

ほかにもいろいろと個々で考えがあるなんて認めないからなぁ

解っていても傷つくのだよ…ホンマに

ASD…アスペルガー症候群

いろいろと調べてみた

心療内科の先生も自助会などに参加してみたらと言ってたけど

今回の契約解除で旦那が思いのほか凹んだので…浮き上がらせていたら

旦那の凹み以上に自分が壊れた

きっと旦那の仕事を手伝わないで外で働いていたらば気が付かなかったんだろうか??

そこ解りません

自分が旦那の仕事をしなければ…病気にもならなかったし

アスペルガー症候群も解らなかったけど

知らなかった方がよかったのかもなと思う

一風変わったおっさんで済んだのかもな

だって今から7年前に私が心身症を発症してカウンセリングに行って解ったことで

思い当たることはありはするけど…生まれつきの器質障害なのだからと思うしかない

今の自分をどうにかうまくコントロールして行くしかないのだけど

子供たちにもかなりな攻撃をする

次男君はなんとか攻撃に対して防御してるけど…長男君は防げないのだな

私と同じだ

でもきっとそう言うともっとひどくなって行く気がして

長男君には言わないようにしてる

だって旦那はそのまんまなのだから…


どうも旦那は今仕事のことで頭がいっぱいの様子

休みの日はちょっと気分転換でもすれば良いのだけど…出来ないんだろうな

今月からは車関係で生活して行かないとダメだから余計みたい

その不安さもASDゆえに不安さが倍増するらしい

それは知ってるけど…不安やねんと口に出したのは初めてだな

まぁちょっとは進化してるんだけど…


昨日はおさる(コメディアンのね)しくじり先生がやっていて

鬼嫁と尻に敷かれた旦那の話し

結婚9年目で…とかの

っで…長男君が9年目でいろいろあるねんなって言って

あらお母さんなんて30年目よ!!

9年なんてちょろいみたいな話しをしてて

そう言えば金婚式っていつ??

50年目…まだまだよ

25年目の銀婚式はトンだけどねって…

旦那は黙っていた…チラッとは見てたけど

今まで記念日は誕生日くらいでなんもない

別にイランのだが…

って言うか諦めだよ

年月が経つと言うのは私自身の人生が喰われただけに思えるから数えない

そんなもんだな…

関連記事
[ 2016/05/03 11:11 ] 旦那 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL