雨ですな…

大雨
そんな私もどんよりだ
毎年今日と言う日はどんよりなのだ…まぁ家の仕事をするようになってから
それと義姉さんが亡くなってから特に…
(仲が悪かった訳ではないが…良かった訳でもない
まぁ拒否されてるって感じであんまり話したことなし)
私の発病と義姉さんの発病が重なったこともあり…S字結腸ガンだった
私はそのころは一番精神状態が悪く…失声症で話せなかったし
引きこもりが始まったころ
実家の母親から「アンタ!!いつお見舞いに来るねん」といきなりの電話だ
あの私も病気なんですけど…
その前に一度病院帰りにうちに立ち寄ったことがあって
私もカウンセリングで出かけてたのを急いで帰って来たら
一言「ふ~ん…ちょっと痩せたかな」だった
別にどう言って欲しかった訳じゃないが…子供のころからそんな感じ
今日は大本山から偉いお坊さんが巡行に回られる日で
病気になりたてでも土日は手伝いに行ってた
まぁ何もすることはないのだけど…日ごろ引きこもっていると出るだけで疲れる
そこを従姉妹がフォローしてくれているのだけども
先日の地震の時も心配して電話したら「えらい久しぶりでんな」だった
調子が悪かったんだ…ホントに
でも母親には何が悪いかが目に見えないようで
何がよ!!どこがよ!!って問い詰められる
もう私もどう言うったって理解してもらえないのが解っているので
詳しく説明しないけど
父親が病んだ時を見ていただろうに
それでも暴れる父親に「なんでそんなことするん!!」って聞いたらしい
聞いても答えはないんだよ…
あんなに毎日父親を見ていたのになと思うけど

母親が病気で入院したり通院の時も出来る限りついて行ったし
父親の通院も母親に代わって何度も行ったけど…
それをしたから私にもしてよではない
でも少しは理解しても良いんじゃないのかな…
そう思うのはムリなんだろうかな
目に見えない…ただただ心の病気って困ったもんだね

って雨の日は気分がそれでなくてもどんよりなのに
次の行事は8月
それまで少しは出られるんだろうかな
PTSDと言うか…家にいないとアカンねんと言う心の呪縛がいつ解けるのかやな


関連記事
[ 2016/04/07 10:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL